So-net無料ブログ作成
検索選択

そして世界はひとつ ~Lady Ga Ga の大ヒットに想うこと~ [洋楽]

               LadyGaGa_top1.jpg                                        

数日前のことだ。
いつものように朝8:12の特急電車に飛び込み、比較的スペースが空いている奥の優先席の前に
立って吊り革に捕まりフト眼下を見ると、40才過ぎくらいの知的職種っぽい白人男性が、プレイステ
ーションのゲーム機を片手に持ったまま、口を開けて眠りこけていた。

今にも膝から転げ落ちそうに斜めになっているプレステの画面が私の方に向いていて、スーパー
マリオのような平面的な画面が見えた。(ゲームはよく知らないから判らない)
口も脚も開き切って、ゲームをやっている途中で眠り込んでしまったそのアメリカ人(推定)を
しばらく眺めていて、私は思ったのだった。

「あれ?変だな。ガイジンって公共の場で眠ったりしない人たちじゃなかったっけ?」

そうだ。よくテレビの情報番組で、ニューヨークの街角での取材なんかで
『日本人は電車の中でみんな寝ている。ここではありえないよ。そんな気を抜いて眠っていたら
財布を抜かれちまう。』 とか言って、朝に晩に電車の中で眠り込んでいる日本人を海外の人々は
何かと嘲笑していたはず。おかしいな。

私が育った街は海兵隊(マリーン)のいる米軍基地が近く、近所に将校クラスのアメリカ人家族も
チラホラ住んでいたし、電車の中で米兵のグループに会うようなことは日常茶飯事で、自慢じゃ
ないがこれまで見てきたガイジンのサンプル数は一般の日本人の比ではない。

私のその豊富なガイジン遭遇経験数(←誤解されるって・・・)から考えても、電車の中で眠りこけて
いるガイジンは確かにほとんど見たことが無かった。
まあ、マリーンのお兄ちゃんたちはグループで六本木だの渋谷だのまで足を伸ばしてナンパにでも
行く道中なのだろうから、グースカ寝ている余裕なんかないわけで、サンプルの特性分布に偏りが
あるのは否めないが。

先週私が見たその白人男性は、明らかに高等教育を受けたまっとうな種類の人だったが、
とにかくヨダレも出んばかりの緩み方で、いぎたなく寝倒している。しかも手にプレステ。画面は
スーパーマリオ(推定)。何だろう、この何とも言えない違和感というかガッカリ感というか。

思い起こせば、先々月久しぶりに来日したので横浜のテラスレストランで食事をしたアメリカ人
弁護士の友人Josephも、話題の大半は奥さんの悪口だった。
「もう見事に家庭内別居だよ。寝室も別だし。僕の顔を見ると文句しか言わない。Disgusting!
子供が居なかったら絶対別れてる。あ~あ、家に帰らなくてよかったらどれだけ嬉しいか・・・」

初夏らしい港の風景を背にしながら、Josephはとにかく延々愚痴モードだったのである。
こんなことも、やっぱり何かシックリ来ない。
アメリカ人のみならず欧米の男性って、いつでも自分の現状に満足していて、奥さんや家族の
写真を頼みもしないのに取り出しては、
「僕の妻 は本当に素晴らしいよ。こんど彼女のローストチキンを是非食べに家に来たらいいよ!」
なんて、「・・・んなもん、鶏肉をオーブンに入れるだけだろが・・・」と、こっちが白けるほど幸せ自慢を
するのが彼らの通常のスタイルではなかったか?

そうだ。おそらく世の中は急激に変わってきたのである。
いや、急激に変わってきた、というよりも 「どこの国の人も暮らしも大した差が無くなってきた」という
感じだろうか。

インターネットの普及を大きなきっかけとして世界中が情報を共有し、その距離や意識の差を
グングン縮めている。
日本でもう、床の間を背にしたお父さんが丹前を着て気難しく座り、おひつのご飯をお母さんが
よそって厳かに始まる食事の風景が絶滅したのと同じように、銀の燭台が真ん中に置かれた
大テーブルで、家族で揃ってお祈りをして優しいマミー手作りのポテトスープをすすっているような
家庭はアメリカ全土探し回ってももうほとんど存在しない事が予想され、もはやどこの国の家庭でも
「あれ、オヤジどこ行ったの?」
「さぁ~、どうせまた飲み会でしょ。それよりニック、あんた食事中は携帯は止めなさい。」
「うっせぇ~な~・・・すぐ返事書かないとハブにされんだよ・・・・」 

みたいな、味気ない夕餉の風景が日々展開されているのではないだろうか。

もう、日本もアメリカもエジプトもブラジルもない。ある程度開けた町であれば、今は世界中どこに
行ったって携帯もメールも繋がるし、地球の真裏にいても 「へぇ、藤原紀香に新恋人が・・・・」なんて
最新の芸能ニュースもチェックできるし、マクドナルドもセブンイレブンも探せばすぐに見つかる。
レジの横にみたらし団子は置いていないかもしれないが。

長くなったが、とにかく。
世界は狭くなった。確実に。

ここでやっと、関連性があるんだかないんだか不明ながら本題に入る。(えぇっ?)

先々週から、突然 Lady GaGa をヘビーローテーションで聴いている私だ。

友人から誕生日でもらった3,000円分のiTunesカードをほとんど使っていなかったので、何となく
気が向いて、たまには最新ヒットチューンでも聴いてみるかと思い立ち、Lady GaGa の最新
アルバムをダウンロードした。
いや・・・正確に言うと、最新アルバムをダウンロードしようとした、んだけど、「Lady GaGa」で
iTunes Store で検索すると、最も多くダウンロードされている順で楽曲が1曲単位で並んでいる
わけで。なんか先にそういうのが見えちゃうと、果たしてアルバム単位でダウンロードするべきか?
と二の足を踏んでしまう。

どうせならアルバム単位でちゃんと聴いてトータル的にその1枚を評価したいとは思うのだけど
10曲しか入っていないLPレコードと違って、14曲も15曲も入っているCD。
15曲なんていう大量の曲の集合体にそもそも愛着が持てるわけがない、と最初から気持ちが
引いてしまう。

どうせ駄曲も多いんだろう、と一度タカをくくってしまうと、2,100円も払って得体の知れない15曲に
資金を投入する気にはなれない。(もらったプリペイドカードなのに、どんだけケチ?)
それだったら、巷でより多くダウンロードされている、1曲150円のシングル単位で手堅く購入しよう
と思うのは何も不思議なことではない。

こうやって、CD全盛になってからの人の音楽の聴き方って徐々におかしくなっていったんだろうな。
CDを開発したソニーの、当時の副社長の大賀さんが「ベートーベンの第九が収まる収録時間」
を主張してCDの収録最大時間を75分と設定したらしい。
クラシック界はそれで万々歳だったのかもしれない。でも、ほぼ1曲が3-5分で構成されている
ポップスやロックのジャンルにとっては、この、長すぎる収録容量の設定が長い目で見ての
"命取り" になっていった気がする。
パッケージ全体を1つの単位として愛着・執着を持つ事が完全に難しくなってしまった。

昔、東京の電話番号が 03-×××-×××× と9桁だった時は番号をだいたいソラで覚えら
れたのに、03-××××-×××× と、市内局番の頭に5とか3がついて10桁になった途端
どうも覚えられなくなったし、覚える気もなくなった時の感じに似ている。
(出してくる例えが古すぎる気はしつつ・・・)

さて、また論点がボケ始めたので戻すが、とにかく私は Lady GaGa の売れ筋の曲7曲ほどを
ダウンロードした。

最近の新しいポップスを聴かない人でも、また洋楽は聴かない、という人でもこのLady GaGa
の数曲は聴いたことがあると思う。アンドロイドauのCMで毎日ガンガン流れているからだ。

 au1.jpg

私が気に入っているTOP3は ①Judas  ②Born This Way ③Poker Face

そう。3つともそのまんま、アンドロイドauのCM曲だ。安直!私としたことが嘆かわしい・・・
でもお許し下さい。だって、さすがに上手く作られているんですよ。
朝聴いてると、やけにテンション上がるし。
それこそ、両方のバストトップから花火を噴射しながら歩いているような 「どうだ!!」といった
イケイケなノリで会社に向かって行ける。
出勤時にこのテンションに到達出来た時点でその日1日は制覇した、と言っても過言ではない。

誰もが1度は耳にしているであろう上記3曲だが、聴いていると何というか "豪華幕の内弁当" を
思わせる。甘かったり酸っぱかったり辛かったりと、色々な味のおかずが少しずつ、底が見えない
くらい隙間なくギッチリと詰め込んであって最後まで全く飽きさせない。
ご飯そのもの (Lady GaGa 自身の歌声や歌唱力)も充分に美味しいので、食べ応え充分、
大満足なお弁当だ。

私が一番気に入っている「Judas」は、音の重厚さや全体のムード、描く世界がマドンナの
「Like a Prayer」 によく似ていて、愛を叫ぶ対象は恋人のようでもあり神のようでもあり・・・。
掃き溜めで神の名を呼び救いを求めているような。俗悪の中の清廉、というか。
露悪的な歌い方をしながら ♪Jesus is my virtue~なんて言っちゃう辺りも何だかグッと来る。

そしてこの曲に限らないけれど、サビなどに入るコーラスの音取りがなかなか洒落ていて、
やはりそこはJ-POPとは一線を画しているかな、というのは否めない。
日本人だとどうしても、コーラスが主メロのラインに限りなく沿っちゃうんですよね。
全盛期のアルフィーみたいな、愚直なまでに3度上を歌い続けるコーラス。音で遊ぶのが
どうしても苦手なんだと思う。だからフェイクとかも日本人は下手だもんね。

なので、こういうカッコいいコーラスが乗っていると、ついつい嬉しくなって合わせて歌ってしまっ
たりして、図らずもテンションはますます上がってしまうのである。
ただ、電車の中で iPodの液晶画面に出てくる GaGa のアルバムジャケット写真は出来るだけ
周囲の人には見られたくない。若い男の子なんかに
「あ、この人最新ヒットチューン聴いちゃってら~!」と思われるほど恥ずかしいことはないからね。

ただ、最新ヒットチューンといったって、正直特に新しさはない。
というか、どちらかというと明らかに懐かしい感じ。
さっきも書いたが、絶頂期のマドンナに曲調も声質も世界観も似ている。
そして、全体を覆うグルーブは明らかに昔懐かしいユーロ・ビート。やけにエコーがかかった
打ち込みドラムの独特な感じ。
バンド感が全くないので、最近ベースギターを弾き始めてどんな曲でもまずベース音を追ってしまう
昨今の私でも、Lady GaGa でそれをすることは無い。ベースギターが入っているかどうかも
疑わしい感じの、妙に無機質な音作りだ。

そして10分、20分とLady GaGa を聴き続けていると、いつしか
「あれ?これ浜崎あゆみだっけ?」 みたいな不思議な感覚に陥ってくる。
カッコつけて世界に飛び出していったつもりが、ふと気付くといつもの住み慣れた町に戻って
きていた、といった感じの妙なホーム感覚だ。

Lady GaGaは、世界のポップスを先導しているアメリカで大成功を収めた未曾有のトップ
スターでありながら、東日本大震災の悲惨な状況に並々ならぬ同情を寄せ、被災者のための
チャリティーライブに積極的に参加したりしているのは誰もが知るところである。
もちろん、同じように日本の危機に心を痛めてくれている他の海外アーチストの方々も多いが
Lady GaGa はその中でも特に思いが強そうに見える。

この事実を、私たち日本人はもっと 「めっそうもなくありがたい事」 と受け止めてもいいだろうが
何故か、誰もが意外にあっさりとそれを受け入れている。
なんとなく、浜崎あゆみとか倖田來未などのavexのトップアーチストとほぼ同じような距離感で
私たちはLady GaGa を見ているからのような気がしてならない。

ビヨンセやマドンナが1人で都内の街を歩いていたら間違いなく巷は大騒ぎになるだろうが、
Lady GaGa が例えば新橋駅前の辺りを独りで歩いているのを目撃したとして、
意外に人々は
「あっ、レディーガガだ」 「本当だ!今日は全身ショッキングイエローの服なのね」
「顔もショッキングイエローに塗ってる。相変わらずお茶目~」
「意外に背ちいさいよね。」 「何してるんだろ」 「迷っちゃったのかもね」 
「日本語しゃべれないもんね。じゃっ、私今からバイトだから。バイバーイ」 「じゃあね~」

みたいに、これといって騒ぐこともなく普通に受け入れそうだ。
あれだけ奇抜なファッションに身を固めメディアを騒がせていても、それでもやっぱりその辺で
見かけても違和感のない何か身近な雰囲気が彼女を覆っている。

彼女は昔ストリッパーだったといった話も聞いたが、それだけにスタイルも抜群だし
顔も整っていると思う。
もっとも、顔のタイプは 「カンガルー系」 あるいは 「コウモリ系」 と呼べそうなもので
すなわち目と目の間が近くてそこを太い鼻柱が勇敢に貫いている種の顔。
彼女はたぶんアメリカ人とはいっても移民系なのだろう。調べてはいないが。
ユーゴスラビアとか、こんな顔じゃなかったっけか。

この手の顔は、相手に神経質でリラックスできない雰囲気をやや感じさせる。
日本でトップに登りつめたアイドルの多くが、目と目の間が平均より若干離れた顔相である
という話は普通に語られていることだ。
このコウモリっぽい感じが、いくら唇を真紅に塗っても、裸に近い格好をしていても、マリリン
モンローっぽくもならなければ、全盛時代のマドンナの10分の1もセクシーさを感じさせない
所以だろうか。
セクシーじゃないから、どんなに奇抜な服を着て身体の線をモロ出しにしていてもイヤミじゃない。
これは皮肉なことだが、セクシーじゃないから女性にも好かれる。おそらくファン層は広いだろう。

メディアに出てくるたびに、おそらく莫大な金額と手間をかけて全身コーディネートしてくる彼女を
みんな楽しみにしているが、そのことで少しも彼女が "天上人" にならずに、逆にどんどん大衆的
なところに降りてくるのが面白いところだ。

楽曲だって、どれも彼女の溢れる才能とそれをサポートする超優秀なプロ集団によって制作された
非常にレベルの高いもので、マドンナよりも遥かに歌唱力もあるしシンガーとしての力量は確実に
ずば抜けている。
売れるのは大いに納得だし、私だって気に入って毎日聴いているわけだが、しかし最終的には
「なんか浜崎あゆみっぽい」 で結審してしまう不思議さ。

これぞまさしく、ガイジンが電車の中で爆睡していたりとか、遠い南フランスでバカンスをしている
友達から
「今ニースでーす♪美味しいカレー屋を発見!日本にも出店してるらしいからこんど行こうね!」
とか、異国情緒を少しも感じないメールが来たりする "垣根のない感じ" と同一線上にある気が
するのだ。

世界は圧倒的に狭くなった。

・・・・と、思ったけど、今月になって珍しく仕事で大阪、福岡、広島と回ってきたのだが、どの街も
それぞれとても素敵なところで、食べ物は美味しいし景色も風情があるし、各地の方言もどれも
味わい深く、人のタイプも色々で、大いに楽しんできた私だ。
(これについては、これが旅ブログや食べ物ブログだったら延々と語りたいところですがね~)


これってもしかして、世界は狭くつまらなくなったけど日本はまだまだそれなりに奥深い、って
ことかな?
マクロ的には単調になっているが、ミクロ視点ではまだ大丈夫みたいな?

しかし、これじゃますます若い人たちは海外に出て行かなくなりますねぇ。

ダメですか、こんなまとめ。

nice!(1)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 27

ベアトラック

仕事のBGMとしてFMをかけることがありますが、一体この3曲を一日何回耳にすることか・・・笑

>最近ベースギターを弾き始めてどんな曲でもまずベース音を追ってしまう
わかります、わかります。
大学生の頃が懐かしく思い出されます。

by ベアトラック (2011-07-24 12:40) 

想也

お久しぶりです。Refugeeです。
ガガは、耳にしたことはあってもマトモに聴いたことがないので、書かれている内容については、「そんな感じなんだ」で特にコメントできないのですが、相変わらずの文章力で、楽しませていただきました^^

ところで、ベース・ギターを始めたんですね?
今、ベース・ギター、何を買おうかと思案中なんですが、milk_teaさんは、どんなベースをお使いなんでしょう?



by 想也 (2011-07-24 13:01) 

milk_tea

ベアトラックさん、いつもありがとうございます!ご無沙汰ですね。
時流に乗りたがる私は、1年も前に購入済みの液晶デジタルTVを今日の日まで
納戸に温めておいて、本日正午のアナログテレビの砂嵐を確認してから
おもむろに交換作業をいたしました。
そんなこんなで自宅にはりついていますので、即レス状態です(笑)

思えばベアトラックさんはしょっちゅうアメリカを行き来しているから
「そんなことねぇよ。アメリカと日本は今だって全く違うよ」ってあると思うんです
けどね。まあ、極論で話しています(笑)

ベース音を中心に据えて音楽を聴くと味わいが深いですよね。

by milk_tea (2011-07-24 14:29) 

milk_tea

ハーイ!Refugeeさん。久々の記事アップにコメント、ありがとうございます。
毎日お暑うございます。この数日はちょっと涼しかったですが。

>ガガは、耳にしたことはあってもマトモに聴いたことがないので、書かれている内容については、「そんな感じなんだ」

ま、あえて近づいていくほどのものでもない、といえばないし
ゴージャスで質の高いポップスでオススメですよ、といえばオススメだし・・・
って感じですかね。

>ところで、ベース・ギターを始めたんですね?

そうなんです!!まだ超ヘタクソですけど、私の場合は技能がどうとか言うより
自分でベースラインを模索しながら、「あ!この音だとクール!!」みたいなのを
探すのが好きというかね。
まだ人にお披露目したことはありません。
年内か年明けくらいに、「アイドル時代のチャーを演るバンド」に参加するプラン
があるので頑張りたいと思います。
単にベースを始めた私を面白がって、音楽仲間が企画バンドをつくってくれるだけ
なんですが、やるからには「おぉ!様になってる!」って思われたいです。
服装とかもね。だいたい私は形から入るほうなので。

>今、ベース・ギター、何を買おうかと思案中なんですが、milk_teaさんは、どんなベースをお使いなんでしょう?

え、そうなんですか!?
もともとがベーシストさんですっけ?それとも私と同じで最近始めたのかしら?
私は、Fender Japan の白いジャズベースを買いました。

http://www.fenderjapan.co.jp/ajb-m.html
これの、白♪

ミディアムスケールなので、弾きやすいしカワイイです。

音楽は聴くのもいいけど、演奏すると10倍楽しいですね。
共に頑張りましょう♪
by milk_tea (2011-07-24 14:48) 

想也

即レスどうも~^^
ボクは、今日は仕事で、さっき帰宅したとこです。

Fender Japanのこのジャズベのデザイン、今ボクの購入第一候補になってるやつによく似てます^^
っていうか、要するにFenderのコピーモデルが第一候補なんですが(笑)

白は、milk_teaさんによく似合いそうですね(単なる勝手なイメージ 笑)。

ボクは、ベースについては、大学時代にちょこっとやっただけです。
バンドやってたときは、ボーカルで、アコギかテレキャスでリズム刻んでただけで、バンド解散したあとに、みんな宅録で遊んでたんですが、そのとき友だちに譲ってもらったベースでちょこっとやってみてたってだけなのです。

ってことで、今は、アコギメインで、たまにエレキって感じで一人で遊んでるんですが、ベースもやってみたいなってことで、この夏に買って練習を始める予定なのでした。

Charのコピーバンドいいですねぇ。
アイドル時代って言っても、ファーストなんかは、名曲揃いの大名盤ですから、やり甲斐ありそうです。
先日リリースされたChar by CharのSmokyなんて、どっひゃ~って感じでした。アコギ、ベース、パーカッションのトリオ編成で、ラテン風味のアレンジがかっこよすぎ。

by 想也 (2011-07-24 20:00) 

MASA

ミーハーな音楽が決してキライではないワタシもレディ・ガガにはあまり興味がありません。
その理由はまさにmilkさんおっしゃるところの"浜崎あゆみ”っぽいところ、というか言い換えれば、大衆ウケを充分に意識した最大公約数的な音作りにあまり面白みを感じないから、ってとこですかね。

売れるツボを心得ているという部分も含め、あのド派手な存在感のわりに音楽そのものはありきたりな感じがしてしまいます。

大体打ち込みで音楽作ってると音に個性が出しにくくなって、その結果他のものに雰囲気が似て来ても不思議じゃなくなる、ということがあるでしょ。

そうなるとギミックに頼って個性を出すしかなくなる→衣装やパフォーマンスがセンセーショナルなほどド派手になる、みたいなのがレディ・ガガじゃないかと思います。

ただ、親日家でサービス精神旺盛でけっこう性格が子供っぽくてカワイイ人なので、決してキライじゃないですけどね。そういう意味では惜しいなあと思っちゃう人。

売れる前はピアノの弾き語りで地道にやってたシンガーソングライターで、その時代の映像をTVで観たんですが、ローラ・ニーロみたいだったその時代の方が個人的には好感持てました。
それがさっぱりウケなかったので、思い切ってイメチェンしたようですね。

ちなみに「Born This Way」は最初はマドンナの「Express Yourself」のカヴァーだと思ったくらいにそっくりだと思いました(笑)

ベース・ラインをなぞるのって、ワタシもベースを初めて手にした学生時代にさんざんやったなあ〜^^。
ビートルズなんかはかなりコピーしましたよん。
by MASA (2011-07-24 22:27) 

milk_tea

たびたびありがとうございます。

>白は、milk_teaさんによく似合いそうですね(単なる勝手なイメージ 笑)。

これだけブログ上で屁理屈をこねくり回している私を、白が似合いそうだと思って
下さる。これってすなわちRefugeeさんの心がキレイなのです、たぶん。

>ってことで、今は、アコギメインで、たまにエレキって感じで一人で遊んでるんですが、ベースもやってみたいなってことで、この夏に買って練習を始める予定なのでした。

なるほど、なるほど。夏のひとつのチャレンジアイテムとしては、ちょうどいい
感じですね。ベースって結局単音だから、そんなに奥深い技能がなくてもそれなり
に形になるし、ルート音を奏でるという音楽の根本的な楽しみも得られて楽しい
んですよね。ま、おそらく私レベルと一緒にされたらたまらんという感じはあるで
しょうが(笑)

>アイドル時代って言っても、ファーストなんかは、名曲揃いの大名盤ですから、やり甲斐ありそうです。

そぉなんです。
まず最初に与えられている課題曲ですが
 ①空模様のかげんが悪くなる前に(1stアルバム)
 ②闘牛士 (言わずとしれたシングル曲)
 ③You're Like a Doll, Baby (伝説の日比谷野音Live盤 Free Spirit)
この3つです。
もう曲が与えられた時点でワックワクです!そろそろちゃんと練習に入らないと
いけません。

>先日リリースされたChar by CharのSmokyなんて、どっひゃ~って感じでした。

えっ、何それ・・・ (←ホントにファンなのか?)
ラテン風味のSmokyですか?それは興味深いのでちょっとチェックします(笑)

by milk_tea (2011-07-24 22:43) 

Noko

こんばんわ!Nokoといいます。男です。今までmilk_teaさんのブログを読ませていただき楽しいブログだと思っておりましたところ、思いがけず更新されていたのでチャンスとばかりにコメントいたしました。こちらには、忌野清志郎さんのエピソード「帰れない二人」がきっかけでこちらに参りました。milk-teaさんの親友の返信メールには、過ぎ去った過去は過去として、未来を見つめ今を生きる女性の逞しさを感じました。とても良い話だと思いました。
ちょっとうまく書けませんが、また、お邪魔させていただきますので宜しくお願いいたします。あっ音楽は、80年の日本のロックが好きです。東京ロッカーズとかです。
ベースギターがんばってくださいね。
by Noko (2011-07-25 01:01) 

ろむタロー

私も初コメでお邪魔します。少し前から注目して拝見してました。
浜崎あゆみがレディガガに似ている(似せている)という説はそこら中で展開されていますが、逆にレディガガを浜崎あゆみっぽい、と断じるところにmilk_teaさんの非凡なセンスを感じ取ります。

ガガはイタリア系じゃなかったかな?ユーゴスラビアってのはリアリティありましたが(笑)
コウモリ顔、確かに。
男が萌えない顔です、確かに。
プロボーション、あれはいいんですかね?まだ若いのに何か崩れ感ありませんか。

せっかくファンなのでせめて月1で書いて下さいよ。普通4ヶ月も放置してたらみんな去っていきますよ。
才能にあぐらかいてちゃいけませんね(笑)
by ろむタロー (2011-07-25 08:41) 

ろむタロー

一番書きたかったことを書き落としました。
お友達のアメリカ人弁護士ジョセフ氏にミョ~~に親近感を覚えちゃいました。
そういう毎週家に友人家族を呼んでホームパーティしてそうな、いわゆるヤンエグ(死語かな?)が言うセリフじゃないだけに何だかとても嬉しいです!
「子供がいなかったら別れてる」とか痺れますね。そういう感覚、アメちゃんにもあるんですね。
と、喜べば喜ぶほど私自身の家庭生活が知れるというものですが…(恥)

というかですが、アメリカ人弁護士の友達なんかがいるmilk_teaさんって一体何者?(笑)
by ろむタロー (2011-07-25 10:10) 

milk_tea

MASAさんいつもありがとうございま~す♪

>売れるツボを心得ているという部分も含め、あのド派手な存在感のわりに音楽そのものはありきたりな感じがしてしまいます。

それはそうですね。
ありきたりというか、「こうやりゃ売れるだろ!」みたいな、ノウハウを分かって
作ってある感じなんですよね。

>そうなるとギミックに頼って個性を出すしかなくなる→衣装やパフォーマンスがセンセーショナルなほどド派手になる、みたいなのがレディ・ガガじゃないかと思います。

そうですね。デジタル家電が最終的にデザイン性に頼ることになるのと同じなわけでしょうね。

>ただ、親日家でサービス精神旺盛でけっこう性格が子供っぽくてカワイイ人なので、決してキライじゃないですけどね。

ですね。きわめて人間らしい人に見えます。
なので、奇抜なコスチュームも何か笑っちゃって、「いいやつだな、こいつ」って
感覚で見てしまう。もう少し人間離れしないと、スターさんのオーラは出せない
でしょう。まあ、別に出そうとも思っていないのかもしれませんが。

>売れる前はピアノの弾き語りで地道にやってたシンガーソングライターで、その時代の映像をTVで観たんですが、ローラ・ニーロみたいだった

えぇぇー!マジで。
でも、作詞作曲能力もすごく優れているらしいから、そうなんですね。
そういう意味ではやはり「惜しい人」なんでしょうかね。

>ちなみに「Born This Way」は最初はマドンナの「Express Yourself」のカヴァーだと思ったくらいにそっくりだと思いました(笑)

あ、本当だ。ソックリだ。
そうでなくとも、どうしてもマドンナの影がつきまといますよね。
そこが二番煎じ感をぬぐえなくするところ・・・

それにしても今さらながらマドンナっていうのは偉大なアーチストですね。
こんどマドンナで記事書いてみようかと思います。
Like a Prayer は名盤中の名盤と思っています。あの辺の奥深さを思い返すに
やっぱりガガはまだまだ甘っちょろい。
by milk_tea (2011-07-25 13:08) 

ezee

はじめまして、、面白い内容ですね~
しかと読んじゃいました。
ガガ嬢はもともと、有能なミュージシャンみたいですね
でも、やたらと感じる妙な親近感。
私も1曲もi-podに入ってないのに、皆とカラオケで歌いまくってます
昔、アラベスクやら覚えたのと変わらん感覚です。
確かU.S.シーンとオリコンってそんな変わらんのかと錯覚さえ
しちゃうのがGAGA嬢かも・・ですね!
by ezee (2011-07-25 21:19) 

想也

「You're Like a Doll, Baby」て、またすごいもんやりますねぇ。
アイドル時代ではないと思われ(笑)
Led Zeppelinをやるってのと変わらないでしょ~

「You're Like a Doll, Baby」も、最新CDの「Char by Char」に収録されてますが、このアコースティック・バージョンは、気絶するほどかっこいいです。

by 想也 (2011-07-25 21:36) 

milk_tea

Nokoさん初めまして。ブログを見ていただき、そしてコメントを頂戴しどうもありがとうございます。

>思いがけず更新されていたのでチャンスとばかりにコメントいたしました。

更新されていなくても、いつでもコメントを下さい!日頃は完全に放置されて
ペンペン草が生えていますので、コメントいただけるとありがたいです(笑)

>milk-teaさんの親友の返信メールには、過ぎ去った過去は過去として、未来を見つめ今を生きる女性の逞しさを感じました。とても良い話だと思いました。

ありがとうございます!なでしこJAPANも強いですが、彼女も強く逞しいでしょう。
みんな色々な過去や色々な思いを飲み込んで、今を大事に日常を生きているわけです。

>あっ音楽は、80年の日本のロックが好きです。東京ロッカーズとかです。

渋いところ行きますね。その辺は私はレベッカとかBOФWYとかまでかな~。
レベッカではひとつ記事書いてます。
他のところでも何か気付いたらコメント下さいね!
by milk_tea (2011-07-25 23:35) 

milk_tea

ろむタローさんも初登場ありがとうございます。嬉しいです!

>ガガはイタリア系じゃなかったかな?ユーゴスラビアってのはリアリティありましたが(笑)

不本意ながら、今おそるおそるWikipediaを見てみました。
本当だ。「イタリア系アメリカ人」だって!ユーゴスラビアじゃなかったか~(笑)

そして、いくつかの事実に驚きました。
まず本名ですが 「ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ」
ですって。なんでミドルネームが2つも?よく判りませんが、「ジャーマノッタ」
という苗字に、やはり移民臭がしますね。
それから、身長155cmだって。小っちゃ!!奇遇にも私と同身長。
いきなり親近感2倍増し(笑)
それと、意外だったのが「インターネット企業の実業家の娘」で生粋のお嬢様
だった。うそぉ!あの顔相は不遇の人生に耐えてきた顔よ?おかしいな~(笑)

これだからインターネット検索は嫌いなんだ。想像力が広げられないから!(笑)

>プロボーション、あれはいいんですかね?まだ若いのに何か崩れ感ありませんか。

今1986年生まれって書いてあったの見たけど、ということは今年でまだ25歳。
うそ!雰囲気的には30代後半って感じなんですけど。
崩れ感、あるある。なんか彼女って、飲むと暴力を振るう恋人と何年も同棲して
前歯折られたり、男の麻薬を買うために風俗で働いていた的な過去がありそうな
独特な疲弊感が顔や身体付きに漂ってますよね。
それがまさかの25歳。まさかのお嬢様。ショックです(笑)

>せっかくファンなのでせめて月1で書いて下さいよ。普通4ヶ月も放置してたらみんな去っていきますよ。

ひゃっ、怒られちゃった。そうですよね。いつも放っぽりっ放し・・・。
なのに、来て下さる方はちゃんと見に来て下さる。ありがたいことです。
あぐらなんて掻きようもありません。書くネタと時間がないだけっ(笑)

>そういう毎週家に友人家族を呼んでホームパーティしてそうな、いわゆるヤンエグ(死語かな?)が言うセリフじゃないだけに何だかとても嬉しいです!

そう。確かに、奥さん自慢されるより愚痴こぼされるほうが何故だか心中では
落ち着きがいいものです。
でも、ご指摘のとおりホームパーティはよくやるみたいですよ。でも、お客様のおもてなしに疲れ果てちゃって、奥様はパーティの翌日から3日くらいずっと不機嫌なんですって。だったらパーティやろうなんて言うなよ!!って愚痴ってました。なんか可笑しいですよね、そういうセリフも日本人ぽくて。

>アメリカ人弁護士の友達なんかがいるmilk_teaさんって一体何者?(笑)

えーと、ずいぶん昔に仕事でアメリカから来た半導体会社の人のケアをしたのが
キッカケで、アメリカでその人と再会をしたら、「僕の友達」といってJosephを連れてきました。それで友達になりました。
それだけのことで、私がヤンエグなわけでも、弁護士なわけでもありません。
私は単なる、衰退いちじるしいAVメーカーの中年OLです(泣)

ろむタローさん、どうぞまた是非お越し下さい!

by milk_tea (2011-07-26 00:31) 

white berry

やばいわmilk_tea様、私としたことが出遅れました!!
記事更新おめでとうございます。パチパチ……
って!!他にそうそうないですよ。ただ普通に更新しただけで拍手がもらえるブログなんて(笑)
LadyGagaは実は私もダウンロードしたいかなって思ってたんですよ。そのくらい耳について馴染んでましたから。
DVの彼氏に前歯折られ…って相変わらず想像力の翼が成層圏をこえてらっしゃる。さすが師匠は違います。

聞く話では彼女はバイセクシュアルらしいですよ。そんなで本当にお嬢様なのかしら???謎ですね。
今回も妙に納得したり笑い転げたり、本当にmilk_teaブログは偉大です(^^)
by white berry (2011-07-26 14:16) 

milk_tea

ezeeさん、こちらこそ初めまして。お越しいただきありがとうございます。

ezeeさんのブログも拝見しました!なかなかディープですね~(笑)
マリーナ・ショウがあった事に感動!私もあのアルバムで一つ記事書いて
ますよ。
まあマリーナ・ショウといえば、やはりあれが one and only ですよね。

>私も1曲もi-podに入ってないのに、皆とカラオケで歌いまくってます

私もこんどカラオケに行くことがあったら絶対歌ってやる!って思ってます。
ああいうぶ厚く作ってある系の曲は、カラオケで歌ってみると間違いなく失敗する
のが見えてますけどね。パフォーマンス力が必要になってきそう・・・。

>昔、アラベスクやら覚えたのと変わらん感覚です。

おーっと、年代を匂わせるアーチストの名前が(笑)

>確かU.S.シーンとオリコンってそんな変わらんのかと錯覚さえ
しちゃうのがGAGA嬢かも・・ですね!

そうそう。なんかその辺も大差なくなってきてる感じも。
GaGaも少女時代もゴチャまぜで、もう音楽に国境はない感じなんですかね。
また宜しくお願いします!

by milk_tea (2011-07-27 13:08) 

milk_tea

Refugeeさん、

>「You're Like a Doll, Baby」て、またすごいもんやりますねぇ。
>アイドル時代ではないと思われ(笑)

そうでした。大麻で書類送検されて、謹慎したのちのFree Spirit Live
ですもんね。
Wasted か、こっちかどっちかをやろう、と言われて、自分でちょっとあの
リフの雰囲気をベースでなぞってみたら、明らかにYou're....のほうがシンプル
でした。といっても難易度は相当高そうですけどね。

演奏そのものより、小ライブに出られた暁にはどういう服装にしよう?のほうが
頭を覆っています(笑)
全身黒で、黒いキャップとかもかぶってカッコ良く行くか
(ベイスターズ友の会に入っている弟が実家に置いている)ベイスターズのユニに
ベイのキャップをかぶって下ジーンズとか、そういうノリで行くか・・・
うーん、悩んじゃう(ベースの練習をせい!)

>「You're Like a Doll, Baby」も、最新CDの「Char by Char」に収録されてますが、このアコースティック・バージョンは、気絶するほどかっこいいです。

そりゃ買うっきゃないですが、パット・メセニーの新譜も出たため悩んでます。
(洋服買う時は全く悩まず欲しいものどちらも買うくせに)

by milk_tea (2011-07-28 12:36) 

milk_tea

white berry さん、今回もまたどうもありがとうございます。
レスポンスが遅くなりました。

>LadyGagaは実は私もダウンロードしたいかなって思ってたんですよ。そのくらい耳について馴染んでましたから。

CMで聴くにつけ、明らかにキャッチィですからね。
私も、古いものばかり聴いてないでたまには・・・って思ったわけですが
いざ聴いてみると、結局は過去モノと大差ないというか焼き直しというか
特に何も新しくもないので、「なんだ、じゃあ古いの聴いてていいわけじゃん」
って自信を深めた次第です(笑)

>DVの彼氏に前歯折られ…って相変わらず想像力の翼が成層圏をこえてらっしゃる。さすが師匠は違います。

私はそんな経験はないですけど、以前友達が、昔の彼氏がものすごい暴力的
で前歯2本とも折られた、と言っていた話がいまだにものすごく印象に残って
いて。そんなことがあってもそのあとも何年も付き合っていたらしい。
私には考えられないです。一発殴られた時点で「はい、終わり」にしそう。
まだまだディープな愛憎の世界を分かってないんでしょうかね。

>聞く話では彼女はバイセクシュアルらしいですよ。そんなで本当にお嬢様なのかしら???謎ですね。

あっ・・・そうなんですか。
でもそれ、「Born This Way」 を聴いていてちょっと思いました。
バイセクシャルと思ったわけじゃないけど、「貴方はそう生まれてきたのだから
それでいいのよ!」と叫ぶ感じが、同性愛者やその他の「通常じゃない人たち」
を肯定しているニュアンスに聴こえ、この人もそんな世界にいるんだろうなぁと。
全く、どんな破天荒な "お嬢さん" なんでしょうねっ。

>今回も妙に納得したり笑い転げたり、本当にmilk_teaブログは偉大です(^^)

本当ですか。当ブログもあと3本で100本達成。
もうちょっとピッチをあげて、年内に100本達成祝いをやりたいと思ってます!
それまでお付き合い下さい!

by milk_tea (2011-07-28 12:47) 

Cakeater

はじめまして、ミドルネームが二つというのは、カソリックでは普通なんです。
祖父系祖母系のネームがつくのです。だから一族が集まるパーティに出ると、両親はステファニー、祖父系親族はジョアン、祖母系の親類はアンジェリーナと呼びかけるから、招待された名前が一個の日本人は慣れてないからはじめのうちは混乱しました。おまけにミドルネームはヴァリエーションが少ないから三十人も集まると同じのがいっぱいいるし、ラテン系というのはみなすごいおしゃべりばかりだからもう大変。LOL.
by Cakeater (2011-09-01 09:48) 

BEST HITウォッチャ

ちょっともしないうちに、Lady GaGa も下火になっていませんか?
日本だけ?
コマーシャルが終わったからかな。
この前、MTVアワードで彼女、男装をして出ましたが、なんかビヨンセの女王のオーラには若干負けてる気がしたのは私だけ?(笑)
by BEST HITウォッチャ (2011-09-04 14:52) 

あるべりっひ

milk さん こんばんは、ご無沙汰です。

ど~も、『めんどくさい』病が急速進行中で・・・『字』読まない、『ギター』弾かない、なんと『映画&音楽』も・・・観ない、聴かない。

Lady Ga Ga は、アンドロイドauのCMが私の知る全て・・・、時折通勤中の車の中でFMから流れてくるのを・・・聞き流す、程度です。
言われてみれば、元気になる系の曲が主かなって思いますが、個人的に『打ち込み』系バックが苦手で・・・避けてます。
ただ、いろいろな噂を聞いていると、Lady Ga Ga の内面は凄く真面目な『人』の様に感じています。だから、ちゃんと聴いてみたいなと思ってる今日この頃です。この機会に、CD買っちゃうかも・・・しれませんネ。

上海へ集中的に出かけてました、私の知る上海の街角は日本の街角とあまり変わらない、なんと中心街のビル群は・・・圧倒的です。世界が狭くなっているのと同様に、都市の街角の模様はどの国も似たようになってきているように感じます。ただ・・・大多数の国では、道を渡る時には左から確認しないと・・・はまります。

また、楽しい話題楽しみにしています。

by あるべりっひ (2011-09-04 23:54) 

milk_tea

Cakeaterさん、どうもはじめまして。コメントを戴きどうもありがとうございます。
Cakeaterさんは英語でブログをやってらっしゃるんですね。写真もどれも素敵
ですね。

>ミドルネームが二つというのは、カソリックでは普通なんです。

あ、そうなんですか~!それは一族の絆を大事にする良い習慣ですね。
やはり宗教が生活に根を下ろして人々が質素堅実に、身の程を知って生きている
姿というのは美しいですよね。日本ではそういう空気がなさすぎますね・・・。

アメリカ人の生活習慣に詳しいCakeaterさんは一体何者なんでしょう!
気になります(笑)またゆっくりブログ、拝見してみます。

by milk_tea (2011-09-05 22:42) 

milk_tea

BEST HIT ウォッチャさん、はじめまして。コメントありがとうございます!

>ちょっともしないうちに、Lady GaGa も下火になっていませんか?

日本では、ちょっと中休みですかね?
とはいえ、いくらイロモノ系とはいえお笑い芸人とかと次元は違い、おそらく
一時のブームで終わるレベルのアーティストではないと思うので
(いや、わかりませんが、たぶん。)新曲が出たら、また話題沸騰になるでしょう。
というか、新曲が出たみたいですよね?
おとといくらいに深夜の音楽番組でPVを見ました。

>この前、MTVアワードで彼女、男装をして出ましたが、

私も見ました!男装してましたね。というか、PVでも同じ扮装をしてました。
今回の新曲のウリは男側の心理に立ってる設定なのかも。
最初見た時、「あれ?プリンス??」と思いました。しかも、男に見える割に妙に
背が小さいので、日本でよく出てくる妙に小さいブルース・ウィルスのそっくりさん
とか清原のそっくりさんみたいな、プリンスのそっくりさんかと思って薄気味悪く
感じたものです。そしたらレディ・ガガでした(笑)
しかし、あらゆるコスプレをし終わって、ついに男装に行った日にゃ、あとはどう
するんでしょう。贅沢なもので、見てる側ももうちょっとやそっとじゃ驚かなくなって
きますからねえ~。

>なんかビヨンセの女王のオーラには若干負けてる気がしたのは私だけ?(笑)

ビヨンセはDIVAの名にふさわしい美貌と実力に裏打ちされて別格ですね。
なんか、妊娠を発表して、お腹をさすったりしてパフォーマンスしてましたね。
そりゃ、子供、動物、妊婦には誰も勝てないでしょう。
by milk_tea (2011-09-06 13:11) 

milk_tea

あるべりっひさん、ご無沙汰ですね。お元気でしたか?
上海って、お仕事ででしょうけど、どんなお仕事なんでしょう。
私が15年前に行った上海は一見近未来のようでしたが、ちょっと道を外れると
小汚い庶民の町が広がっていましたが今は全然違うのでしょうか。
忘れもしませんが、それぞれの家の前に生ゴミが堆積されていてビックリして
現地の人に聞いてみると
「中国は伝統的に、家庭から出るゴミはすべてそのまま家の前に積み上げるのが
習慣」と聞きました。それを定期的にゴミ収集業者が回収しにくるそうですが、
暑い時期は臭って大変ですと。そりゃ生ゴミですからね・・・。
なので昔は、ペストやチフスが発生すると瞬時に町中壊滅してたそうです。
フランスなんかも似た世界だったらしい。
日本人にはちょっとキツイ国のような。でも今は全く変わったのでしょうね。

>ど~も、『めんどくさい』病が急速進行中で・・・

それはちょっと分かります。
私もこの夏は長い休みがありましたが、結局は身になることはほとんど出来
ませんでした。英語の勉強もしようと色々テキストなど買って来ましたが、見事
に1ページもやりませんでしたし、何年来の大掃除をしようと張り切っていたのに
それも中途半端に終わりましたしベースギターの練習も全くせず。
ブログの更新もせず。バンド活動も休止しているので練習もなく。
一体何をやっていたのでしょう。年を取っていくと、「意欲」も停滞するものなので
しょうか。やだやだ。
あるべりっひさん、私もやりますからこれから何かに熱く取り組みましょう!!

>個人的に『打ち込み』系バックが苦手で・・・避けてます。

もう、一時代戻っちゃったみたいにバリバリ打ち込み系ですもんね~。
でも、あれはあれで鑑賞の次元を変えると楽しめますよ。
「音」を聴こうとするのではなく、グルーブを得ようとだけすればよいのです。
・・・という私も、もうレディ・ガガは一切聴かなくなりました^^;
気を取り直して新曲をダウンロードしてみるか・・・。

>Lady Ga Ga の内面は凄く真面目な『人』の様に感じています。

それは本当、感じます。
楽曲が無機質な割に、歌ってる彼女からはすごく浪花節っぽいものが匂い立って
いる。すごく人間臭い。
なので、「新橋の駅前を歩いていても違和感が無い」と書いたんですけどね。
彼女にはそういう魅力があるので、私ももう少し追いかけてみたいと思います。
by milk_tea (2011-09-06 13:18) 

黒田五寸

こちらには初めてのコメントです。
とてもとても面白いブログなので、歌謡曲の辺りから読み始め、最初にまで遡り全部読ませていただいて、その後新しい記事が入らないかなあと毎日見ています。
入らないので、また過去の記事を読み直したりしています。やはり面白いです。どの記事のコメントも面白く、だいたい拝見しました。
せっかく私のような人間もいますので、小作品でもいいのでたまには更新して下さい。
by 黒田五寸 (2012-01-18 22:42) 

milk_tea

黒田五寸さん、しばらくコメントを見落としていましてすみません。
コメントどうもありがとうございます。

>過去の記事を読み直したりしています。やはり面白いです。どの記事のコメントも面白く、だいたい拝見しました。

ありがたきお言葉。コメントは確かに皆さん面白いことを書いてくださるので面白いかもですね。本文より面白いです(笑)

最近、書きたい事がたくさん出てきました。書きかけは3つもあるんです。
ただ、最後までなかなか書き上げる時間がなくて。
そうですね、小作品でいいからたまには書きますかね・・・。
どうもありがとうございます。今後もまたたまにチェックしてみて下さい。
by milk_tea (2012-01-24 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。