So-net無料ブログ作成
検索選択
自分史 ブログトップ

自分史 最終編 [自分史]


いよいよ自分史シリーズも今日で終わりです。ずいぶん長くかかってしまった。

●会社員時代 そして今へ
30社も受けてたった1社だけ受かり、ウンもスンもなく入った会社だったが、その割にはどうも
自分の真実の「らしさ」が発揮できる実はとても相性のいい会社だったようで、こればっかりは
本当にラッキーだったと思う。
会社員になってからは色々な事がバランス良く回り出してとても恵まれていたが、今思えば最も
私にとって貴重だったことは、それまでの人生では1人として出会えなかった、
『音楽で一緒に共感して手に手を取り合える人』 に初めて出会えたことだと思う。

彼は同期の男子だったが、音楽の趣味が合ったというよりも、彼の守備範囲のほんの2-3%が
私の守備範囲のほぼ全般をカバーしていたという感じで、すなわち私よりずっと高いステージに
居ながら、懇切丁寧に奥行きある音楽世界に私を指南してくれる誠にありがたい人だった。

『Still Life』しか聴いた事がなかった Pat Metheny の奥深い世界に私をいざなってくれたのも
彼である。彼自身はフュージョン系ギタリストだったが、ジャズ、ロック、ポップスなど国内外問わず
かなり幅広く色々聴いていて、持っているCDの山が一人暮らしの寮の部屋を完全に埋め尽くして
いて寝る場所もないくらいだった。
そんな中から彼はありがたいことに、オススメのCDを4-5枚ずつピックアップしては、解説まで
丁寧に手書きでしたためて定期的に私に貸してくれた。
基本的に私は、「人の薦めには従う(=口コミに弱い)」従順なところがあり、第一かつて誰も
私に強く「これを聴いてみろ、スゴイぞ」なんておせっかいにも熱く語ってくれる、かつ趣味レベルの
高い人なんて全く居なかったので「これは絶対にいいんだ。泣くぞ。」なんて言われると、
「うわっ本当だ。スゴイ。ジ~ン・・・」なんていちいち素直に感動していた。

彼のエライところは、Steely Dan の音楽性なんかを熱く語る一方で、つい昨日発売の正体不明の
英国ポップバンドのアルバムなんかも迷わず買ってみて、ちゃんと良いところが見つけられるという
キャパの広さというか、よけいな敷居を設けないようなところである。
私も俗っぽい部分も多分に持ち合わせているので、彼が私に提供するセレクションは、どれも
だいたい自分のストライクゾーンに入った。
「はいよ、今日はこんなとこで!」と投げるように渡してくるラインナップの一例としては:

SADE         Diamond Life
Pat Metheny     Falcon and the Snowman
矢野顕子       ごはんができたよ
Workshy        Under the Influence
Jonny, Louis & Char ベスト

バランスとしてはだいたいこんな感じだったろうか。オシャレあり、ハヤリあり、深追いあり、と
いうような。
例えば2つめの Falcon and the Snowman なんかは、かなりの駄作映画のサントラ盤らしいの
だが(私は映画を見てない)、その映画の内容のひどさ(ワケわからなさ)に対してパットとライル
メイズの取り組みの無意味なまでの真摯さ、味わいみたいなのを切々と大学ノートに書いてラフに
破り取り、CDやテープに必ず添えてくれる。彼は映画もよく見ているし、heavyなまでの読書家
でもあるのでその洞察は哲学的ですらあり私はいつも真剣に読んで、聴いた。
また、実際に彼とは相当数、一緒に色々なライブに行ったりもした。

ところで、ここまで書くと私と彼は恋人だったかのようである。
でも全然違った。
少なくとも私には彼に対する尊敬と信頼の気持ちはあふれるほどにあれど、そういう甘い気持ちは
微塵もなかった。彼のほうはもしかすると違ったのかもしれないが、でも一度も告白めいたことを
言われたこともないし、お互いの個人的なことを話題にしたこともほとんどなかった。
(だいたい、その頃も平行して必ず他に彼氏がいたりした。もちろんそれを言ったこともないが)

今考えても、ああいう関係もあるもんなんだなあと思う。
しかし・・・・・・・あの優しさをちゃんと心で受け止め、具体的に気持ちとして返すのが実は私の
役目であり、彼も本当はそれを望んでいたのではないか?と今では心の隅で思ったりする。
いや、その時も少し気付いていたのかもしれない。私もずるかった。

そういう意味では、よく「恋愛と結婚はベツモノ」なんていう言い方をするけれども
恋愛と趣味もまたベツモノ、と私も割り切っていたのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

安定→逆風の大学時代 Ⅲ [自分史]

改めて自分の軌跡をこうして振り返ると、しみじみ、あぁ私もたいした青春じゃなかったのだなぁと
今さらながら苦々しく感じながらも、ようやく大学時代最後の章へとたどりつきました。

●大学時代 Ⅲ
昨日も書いたが、私が大学卒業までバイトしていたVIVREの7階クレジットカウンターは家電売場
の隣、しかもオーディオコーナーの真ん前だったので、一日中色々なデモテープがかかっていた。
Pat Metheny との出会いも実はかなり遅く、ここでであった。
誰の趣味だったのか「Last Train Home」がデモテープから繰り返し流れていて、聴くたびに
「世界の車窓から」の映像みたいに、初夏の自然の中を汽車に揺られて窓から風を受けて
景色を眺めている気分で清々しく聴いていた。今なお大好きなPat のマイファーストアルバムが
Stil Life からというのも何かミーハーでお恥ずかしい話だけども。

ところで、私の人生において初めて本腰を入れて(?)きちんとお付き合いをしたのが、やはりこの
バイト先で出会ったSさんである。彼はSONYから派遣されてきていたバイトで私より1学年上の
青学の3年生だった。
実は今回のパターンも特に自分から好きになって付き合ったわけではなく告白されて何となく
だったので、最初は迷いも大きかったものの、この彼と知りあって初めて「異性とのお付き合い」
というものが具体的にどういうものであるのかをやっと理解した気がした。
今の自分だけでなく、明日の自分、そして何故か昨日までの自分をも提示して、全てを共有
することが、「お付き合い」というものなのであった。
今までずっと1人で広い場所に立ちつくして淋しく過ごしてきた感があり、笑顔を作ることさえ
何となく苦手だったのに、その彼は最初から私の口の両端に遠慮なしに指をあてがって
「君は絶対笑ってるほうが可愛いよ。明日笑ってる写真を撮りにどこか遊びに行こうか?」
などと言って、背中に羽をつけて私を高く飛ばしてくれるような画期的な人だった。
そんな彼とも2年後には別れの時は来たわけだが・・・。
                  
  
ところで、不幸にもその彼もまた、特に音楽に造詣は深くなかった。真新しい白いセリカに乗って
いたが、車内に積んであったカセットは、杏里とか松田聖子とかユーミンとか井上陽水とか、
せいぜい頑張ってグローバーワシントンJr.どまりだった。(しかもやっぱりワインライト・・・)
まあ、でも当時のバブル絶頂期に向けて浮かれ始めていた世の中の空気には、家でジットリ
ジョンレノンを聴いてるよりは、新車のセリカで海沿いを飛ばして杏里ベストアルバムを流している
ほうがハマっては居た。

このお気楽ハッピームードは、4年の夏に就職活動を本格的に始めるあたりまで続いた。
彼氏は1つ上だったので、一足先に就職し今までのようにいつでも会えるような状況ではなく
なったが、私も早く良いところに就職を決めて2、3年働いたら、この彼か、あるいは入った会社
で新たに知り合った将来有望な男性と手堅く結婚でもするかなぁ~といった安易な目算をたてて
名のある会社ばかり軒並み試験を受け始めた。

ところが世の中そう甘くはなく・・・受ける会社受ける会社、見事に全て落ちた。
就職試験というものは残酷で、受かった人にだけ電話が来る。携帯などない時代だから、本命の
会社を受けた翌日などはとにかく朝から晩まで家の電話機の前でじっとスタンバイしていないと
いけない。
待てど暮らせど来ぬ電話・・・・これはもうまさに演歌みたいな世界で、心身ともにドマイナー状態
に追い込まれる。経験した者でなくてはわからない苦しみ。
面接ののち不合格になるということは自分という人間が受け入れられなかったということであり、
真っ直ぐに自己否定につながり今まで多少なりとも持っていた自信や希望のようなものが木っ端
みじんに打ち壊される種のものだった。

そんな中で、30社くらい全て落ちまくった中ひとつだけ受かった会社・・・それが今も居る会社
であるが、ここは何を隠そう、その彼の会社の競合他社であった。最初受ける時に彼に
「彼氏がX社なのに、その彼女がY社を受けるかねぇ。ありえないよ」と全面否定されたので、
ふざけてシャレで受けた会社であった。
いざその会社に入社が決まると彼は相当不服そうだったが、「まあ、でもいいよ。1,2年勤め
たら結婚退社すればいいんだよね。」 と納得しているようだった。
こんなふうにして私の大学生活も終わった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いっぱしの青春・・・大学時代 Ⅱ [自分史]

ブログstartのまず第1歩として、音楽と自分史を絡めて語り、今後展開しようとする音楽論の
基礎づくりをしようとしたわけだけど、気付けば単なるつまらない恋愛史の様相を呈してきた。
でも思えばそれも仕方がない。私の音楽世界の積み上げには、特に周囲の人間がかかわることが
ほとんどなかったからだ。
じゃあよせばいいんだけど、乗りかかった船なので一応最後まで。

●大学時代 Ⅱ
人に、あるいは女性に、「旬」という時期があるとしたら私の場合この21歳になったあたり
だったと思う。
旬の野菜が水をはじいてツヤツヤと輝いているように、その頃の私も赤くなりたてのフレッシュ
トマトのようだった。(というか、青く固い小さな実の時代があまりに長すぎた。青いまま
腐っていくような予感に常にさいなまれていたので、この変化は衝撃的だった)

クラブの後輩の男の子に軽い感じで告白され適当にデートなどしていたが、その一方で、同じく
そのクラブにいて1年の時から同じ仏語専攻でずっと同性の友人のような付き合いをしていた
同級生のE君と、夏前あたりから急激に距離が近くなった。
彼はうちの大学では数少ない、ノーブルな雰囲気のある人で、例えていえば、ブルーノートの
片隅で黒のタートルネックのセーター姿でじっとジャズのライブに聴き入っているインテリ
大学生みたいな雰囲気で、顔もけっこう端正だった。
彼は横浜元町の貸レコード屋でバイトしていて、私がたまに会いに店に行くと、タバコを
くゆらしながら、何かよくわからないプログレ方面の難しげなアルバムジャケットを眺めながら
カウンターに座っていたりして、なかなか絵になる男だった。

私の不幸だったところは、若い時代において、確かに音楽に深く精通し似たような情熱を持つ
人との出会いがちょくちょく訪れながらも、常に好むジャンルや世界が微妙~に違っていて、
誰ひとりとも深く濃くそれを共有することが出来なかったことである。

E君にしても、貸レコード屋でバイトするくらいだし常にウォークマンを耳に、頭を小さく
ゆすっているような音楽大好き少年だったわけだが、彼が一体どういうジャンルを聴いて
いたのか、今思い出してみても全くもって1人のアーティストすら思い出せないほどに、
私とは趣味がかぶらなかった。

その人と明らかに彼氏・彼女っぽくなってきてから1ヶ月ほどで、彼のアパートに出入りする
雰囲気になってきたが、彼が新しいパイプベッドを購入し、その納品に一緒に立会い、2人で
ベッドのマットレスのビニールを笑いながらベリベリはがした、かなり何かがありそうなその夜、
突然彼は私にこう言ったのである。
"実は先に君に言っておかないといけないことがある。君の前に付き合ってる人が居た。" 
まあ私も軽くショックを受けつつも、"そりゃあそのくらい居たでしょうね" と答えると、
"それが・・・女の子じゃないんだよ。ごめん・・・でも今君のことは本当に好きなんだ"

そう、彼はいわゆるゲイだったのである・・・(バイということになろうか?)
その場では"ふ、ふぅ~ん・・"と薄笑いで聞いていたけど、結局それから関係がギクシャクして
しまって、結局別れた。今の私ならもう少し上手く立ち回れたと思うけど、まだ人生経験もゼロ
に等しかった幼稚な私にそんな大きなものは持ちきれず、あとずさりして逃げてしまったのだった。

なかなか上手くいかないもんだなぁと黄昏れつつも、それほど凹んだり荒れたりすることも
なくのんきに日々過ごしていた。その頃、VIVREでクレジットローンのとりまとめをする
アルバイトをしていて、私が座っているカウンターの真上の階にライブハウスがあり、毎晩
色々なアマチュアのライブがやっていた。
そのうち、そこでは結構人気だったサイレンズとかいうロックバンドのボーカル君が、何かと
私のところに立ち寄ってはしゃべっていくようになり、ある時、彼のバンド曲のカセットテープ
をそっと手渡されて「作詞作曲、オレだから。特に2曲目、オレの気持ちと思って聴いてみて」
みたいなことを囁かれた。
彼はボーカルを張るだけあって顔もアイドル顔をしていて悪い感じじゃなかったので、取り合え
ず喜んで受け取った。

が、しかし、家でそのテープを聴いてみたところ、何ともシャラ臭い曲ばかりだった。
メロディも安易なら歌もひどいし、何よりなんでこう素人の作る詞って薄っぺらいんだろう。
間違ってこういう曲調のラブソングなんかを Just for you! なんてプレゼントされたりしたら
絶対笑顔がひきつってしまう。

1本聴き通す前にすっかりゲンナリして、彼とそれ以上懇意になることはきっぱり辞めた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

一気に冬から夏!大学時代 Ⅰ [自分史]

             
それにしても、高校くらいまでは自分史とは言え、もはや別の人格のようで何を書いてもどうって
ことないが、さすがに大学くらいになってくると何かあらゆる経験の全てが今に脈々とつながって
きてる感じで、妙に恥ずかしいものである。
さて、あと2回くらいで自分史も終わりです。

●大学時代 Ⅰ
大学に入り周囲の人間も一新したことだし、自分自身もっと変わりたい!と思った私は、当時隆盛
のテニスサークルに入り、皆でチャラチャラとお揃いのチームトレーナーを着てキャンパスを闊歩
し始めた。聴く音楽もチャラチャラした友達たちに合わせてサザン、稲垣潤一、ユーミン、山下達郎
などを一生懸命聴いていた。
一方、英文科のクラスで仲良くなった女友達2人はなぜか共通して「U2」のファンだった。ファンと
いうか、あれは完全なる「マニア」の世界。私はよく知らないが、U2はイギリス(アイルランド)系
ロックでやや特殊なポジションにあり、1,2枚アルバムを借りてみたけど、ちょっと私の世界では
なかった。その2人は本当に熱狂的ファンで、やがて2人で暮らし始めたりして、同じ「洋モノ好き」
だけでは繋がりきれず、やがて私とはちょっと距離が出来てしまった。今思えばあの二人は
ちょっとヤバイ関係だったのではないだろうか?

ところで、大学できわめて軟弱な生活を送っては居ても、なぜか校内で好きになれる異性には全く
出会えず、逆に今さらながら高校時代ずっと好きだった彼のことが忘れられずにいたところ、その
彼の親友K池君が私の家の近所に住んでいたこともあり、小池君に会うついでか、彼がちょくちょく
現れるようになって、いつのまにやら私と彼はたまに会ってはドライブや食事に行ったりするように
なっていた。
そのころの彼に彼女がいたのかどうかは知らないが、そんなふうにズルズルと1年ほど
付かず離れずしていたけれど、そんな楽しい時も束の間、大学2年の初め頃、また改めて手ひどく
フラれた。「やっぱりどうしても友達以上に思えない。ホントにごめん」などと言って、こんどこそ
本当に私のもとを去って行った。
同じ男に2度も冷たくフラれて心底ボロボロになり、涙も枯れ果てたあとに、ある境地に
辿り着いた。・・・男は決して追いかけてはいけない生き物なのだ、と。
もう二度と男に振り回されたりしない・・・私は星に誓った。

人間とは不思議なもので、そこである「悟り」を開いた途端に何故か人生は別の方向に転がり
始めた。
いきなり、妙にモテはじめたのである。
「あれ?何だか風が変わってきたな・・」とハッキリと自覚したのが、2年の6月頃、特に好意も
感じていないH本クンと、渋谷に向かう東横線の横浜駅ホームに2人並んで立っている時だった。
H本クンがウォークマンのイヤホンを片方私に差し出してくれ、それを笑いながら耳にそっと挿すと
サザン(KUWATA BAND)の「Ban Ban Ban」のイントロがドカーンと脳天を突き抜けた。
振り向くと彼が「今日これからどこ行こうか?」などと媚びた声で語りかけてきて、それに
適当に答えながら、なんか久々に私にも色々いいことが待ってるような予感で胸がいっぱいに
なった。
Ban Ban Ban をBGMにホームから垣間見える空を見上げると、夏雲でいっぱいだった。
そう。大きな窓のカーテンを一気に開けるかのように、まぶしい夏がやってきたのだった。
その年にも、そして私の人生にも。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

混迷の高校時代 Ⅲ [自分史]

               
私の人生において、相当あとあとまで精神的に暗い影をひきずった高校時代後期。
音楽的意味はどうであれ、これはやはり書いておかなければならない。

●高校時代 Ⅲ
高2の秋についに片思いが成就、人生の絶頂期を迎えたかに見えた私だったが、楽しい日々は
そう続かなかった。私も人生初のちゃんとした男女交際で一体何をどうしていいものやら、
常に緊張がつきまといちっとも上手く付き合えなかった。本当の自分など1%も出せないうちに
5ヶ月ほどで自然消滅に近い形で幕を閉じた。(単にフラれたのだが。)

とはいえまだまだ未練たらたらだった私は、自然消滅を自覚しながらも、彼からもらった
小さなヨットの形のネックレスを毎日大事に首から提げていた。ある日、授業が終わって
たまたまいつもとは違う時間に1人学校から駅までの道を一人でポツポツ歩いていたら、20m
くらい前の橋の上を、その彼と同じクラスのKちゃんが2人手をつないで楽しく小突きあいながら
歩いているのを目撃した。ああ、そういうことだったのかと今さらながら静かに全てを悟り、
その場で首のネックレスをひきちぎって橋の上から川に捨てた。
その後、冷静に思い返すと数週間前の4月15日それは私の18の誕生日であり、かつ東京
ディズニーランドがOPENした記念すべき日だったが、2人はその日学校を休んでいた。
2人は学校をサボってディズニーランドデートをしていたのだった。元カノの誕生日の日にだ。
(ちなみに、その頃「元カノ」なんていうお手軽で楽しげな略称は存在しなかった・・・)
こうして私はきれいさっぱりフラれた。

恋を失い、ふと我に返ると周囲はいつからか受験モード一色だった。そうだった。高3に
なっていたのだった。大学受験までもう1年を切っている。
私はいきなり勉強をし始めた。夜9時になるとラジオをつけてFMで色々な洋楽を聴いたり
ニッポン放送のくだらないタレントのしゃべりなど聴きながら毎日遅くまで机に向かっていた。
その頃にはまた前のように色々なアーティストの音楽を聴きまくっていたが、特にハマって
聴いていたのがソロになってからのJohn Lennonや、邦楽では何故か大貫妙子にドップリと
行きだした。どちらも到底、明るい方向性とは言いがたい。要はやっぱり私自身が暗かったのだ
と思う。
大貫妙子は、彼女本人はもちろんのこと、バックを取り囲む面々が日本のポップス黎明期
を支えてきた重鎮ばかりなのでアルバムはどれも素晴らしかった。ヨーロッパの裏通りの
古い石畳を降り始めの雨が濡らすような、ロマンチックだが淋しいような、懐かしい感じが
するが初めて触れたような曲群で、どれも大好きだった。

とにかくもう、レコードやラジオから流れるたくさんのお気に入りの曲をお供にただただ
勉強する日々が受験まで続いた。

そういえば1月15日の共通一次試験の前日の夕方、もう春から口を聞いた事もなかった
I藤くんから突然電話があった。
「明日だろ?(彼は私立専門コースだった)君は一生懸命頑張ってきたから絶対大丈夫だよ」
大切な試験の前日にボクから電話があれば嬉しくて頑張れるだろう、といまだ思っているらしい
彼の身勝手さとエセの優しさに脱力しながらも、言葉少なにお礼を言って冷淡に受話器を置いた。
アホかっ、と心で毒づきながら部屋に戻ったあと、思いとうらはらに涙が出て仕方がなかった。

3月、無事大学に合格し、気楽になった春休みは「くそー大学に入ったら、こんどこそ明るく
楽しい女子大生生活するんだー!」と自分に気合を入れつつ、またレンタルレコード屋に
通いつめていた。こんどはWINGSなどにハマってみた。ポールはどこまでも明るい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

混迷の高校時代 Ⅱ [自分史]

              
早く自分の音楽の歴史を全部書いてしまわないと、毎日の気楽な書き込みモードに
入れないので、気がせく・・・。
ということで今日は、高校時代中期。

●高校時代 Ⅱ

高1の秋口あたりから、通学路の途中にあるハンバーガーショップで、部活のない日だけ
アルバイトを始めた。ここではBGMでずっとBest Hit USA 系の洋楽ヒットチャートが終日
流れていてノリよく仕事もでき楽しかった。
今も、オリビア・ニュートンジョンのPhysicalなんかを耳にすると、店員達の元気な声や
男子高校生客のうるさいしゃべり、安っぽい油の匂いなどがまざまざと脳内に再現される。
   
そのショップで、当時の和洋の人気アルバムのジャケットをそのまま5cm角くらいに
縮小再現したものに、レコード型の薄いチョコレートが入っているというシャレたオマケを
提供していた。どんなラインナップがあったか記憶が定かでないが、中にユーミンの
「Surf & Snow」があって、50'sっぽい絵柄で若い男女がキスしているジャケ写が目を引いた。
ちょっと聴いてみるか、と思ってレンタルショップで借りてきた。
これが私とユーミンとの出会い。(かなり遅いわけだ。)

小学校時代は好きな男の子もいて両思いになりかけたり楽しく過ごしていたが中学時代には
明確な形を持った恋愛をし損ねてくすんでいた私に、ひさかたぶりの春がこのころやってきた。
昨日ここでも話した、入学してすぐ隣り合わせた真田広之似の彼のことが月を経るごとに
頭を覆ってきて高2に上がる頃には恋心で頭グルグルになってきたが、そういう状態の時に
ビートルズのリボルバーなど聴きこんで「うーん、Tomorrow Never Knowsの逆回転、最高!」
なんて唸っている女の子はそう居ない。(相手が同じビートルズファンなら別だが)

ご多聞に漏れず、恋する女の子らしくユーミンとか稲垣潤一とか、オフコースまでも聴き出した。
オフコースは親友ののぞみちゃんが熱狂的オフコースファンだったので、私も聴こうかな?と
一言言ったら、次々とカセットテープに録ってきてくれた。
オフコースは基本的にはビートルズマインドを出発点としているので、これが意外に
良かったりもした。何しろ心の中が雲母片のように繊細で、彼の一挙手一投足で泣いたり
笑ったりしていたから、難しいものよりもシンプルに愛や恋を歌った曲が気分にハマった。

ユーミンはすべてレンタルレコード屋で順に借りてきてカセットに録って聴いた。
サーフ&スノウを起点に新しいアルバムを追いかけ、過去にもさかのぼって全てのアルバムを
聴き倒した。
真の意味において「聴き倒した」まで言えるのはビートルズとユーミンとCharくらいかもしれない。
この3つなら、ドレミファドンの超ウルトライントロクイズでどの曲が来ても誰よりも早く正解が
出せるのではないかと思う。

一念岩をも通すのことわざ通り、想いというものは伝わるもので、高2の秋くらいから
憧れの彼と付き合いだした。彼は音楽にはそれほど造詣は深くなかったため、私の
音楽探求の旅も小休止ってところで、「恋人はサンタクロース」を聴きながら彼からの
電話を待つ・・などと言った、アホアホ最前線な時期を満喫していた。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

混迷の高校時代 Ⅰ [自分史]

    
私は、わりと何でも3日坊主で終わりやすいタチだけど、今日はまさにその3日目なので、
取り合えず最低ラインは押さえた!・・・ということで、今後とも気楽な気持ちで末長く
書いていこうと思う次第。
さて、小学生・中学生と私の音楽との軌跡について書いてまいりましたが、今日は高校時代
です。前期 中期 後期に分かれます。今日は前期。

●高校時代 Ⅰ
高校に入学しまだ友達もそんなに出来てない4月の初め頃、休み時間に自分の席でビートルズ
の特集雑誌(BBC?発行の公式モノ)をパラパラ見ていたら、隣に座っていたI藤くんが
「それ何の本?」というので「あー、ビートルズの本なの。好きなので。」と言ったら、彼が
「あー外人かーー」といって、興味なさそうにスッと席を立って行ってしまった。

彼はバスケ部員で無邪気な笑顔がステキな真田広之似のハンサムで目立つ存在だったが
その彼に軽く拒絶された瞬間に、中3の時親友の小百合ちゃんに対してあきらめの気持を
抱いたのと全く同じ感情で「あーこれは良くないかも。16才の女の子が席でビートルズの
ディスコグラフィとか読みふけってたら、ヤッパ明るい青春はないかも」と感じ入り
その後、書は捨てて?外へ出た。好きな音楽を聴くのは家だけにして、学校では女友達
たちと「しぶガキ隊だったら絶対モッくん♪」とかハシャギながら(実際モッくんはカッコ良かった
んで、案外好きだった)明朗快活・無邪気な16才を過ごしていた。

とはいえ、最初の夏に近所の人に頼まれて2週間だけ手伝った、家の近くの市営プールの
監視員のアルバイトの勤務時間中は、眺めのいい背の高いイスに腰掛けながら一日中
瞑想にふけりつつビートルズの White Album を頭の中で1曲目から順に演奏して一人楽しん
だりしていた。
だいたいDisc2のA面の途中くらいまでは余裕で歌えていた。(Helter Skelter とか
Long Long Long あたりまで。)ゆっくり歌っていると1回通しですぐに休憩時間になった
りした。

真夏の太陽照りつける中、TUBEのストップ・ザシーズンとかサザンの勝手にシンドバッド
でも口ずさんでいるほうが絶対にVIVA!夏気分って感じで良かったに違いないが、あくまでも
季節感など関係なくJohn がけだるく歌う Dear Prudence なんかがどうしても口をついて出て
きてしまうあたり、やっぱりあまり可愛くない女の子だったかもしれない。
その証拠に、同僚の男子バイトの誰からもナンパされるようなこともなく16の夏は終わった。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BLOGビギナーの2日目 [自分史]

だんだんにBLOGの仕組みを理解してきた第2日目・・・。
私の音楽の歴史、中学時代です。

●中学時代
小学校まではクラスでも目立つ存在だった私は、家で暗く音楽を聴くような時間もそうそうなく、
Charのファンとは言っても、1枚だけアルバム(しかもカセット)を買ってもらって友達の家に
持って行って一緒に聴いたり、テレビで彼が「逆光線」やら「闘牛士」やらを歌っているのを
テープレコーダーのマイク部分をテレビのスピーカー部分にくっつけて録音して喜んだり、あるいは
平凡や明星やギター雑誌の切り抜きを下敷きにはさんで喜んでいる程度の世界にとどまっていた
のだが、中学にあがると同時に家が引越しをして、1人も知り合いのいない新しい世界で学生生活
をスタートしたら、自分の奥に潜んでいたやや暗い部分が頭をもたげだした。

お小遣いやお年玉の貯金などでCharやビートルズのLPをせこせこと買っては、家で1人正座を
して聴きこんでいるような時間が増えだした。
ビートルズマニアだった兄だが、それでも持っている音源はだいたいカセットテープだったため、
私はどうしてもレコードが欲しくて自然と自分で買うことになった。
ビートルズのアルバム集めは高校2年くらいまで続いた。(そこでほぼ全部集まってしまった・・
海賊盤なども数枚だが買ったり。)

中3の時、横浜の関内にある小ホールでCharがライブをやると聞いて、まだ少女の私は1人で
行く勇気がなかったが、友達でCharファンは居なかったし(その頃にはもう、『ロック御三家』
全盛の時代は終わっていた。ちなみにそれはChar、世良正則、原田真二の3人)とはいえ母親に
頼んで一緒に行ってもらうほどの子供ではなかったので、しょうがないのでやっぱり1人で行った。
なんと!前から2列目だった。やっぱり裸にジャケット姿で、ギターをかついで走って現れた
Charは、夢の中の王子様のように格好がよく、ギターもギンギン走っていた。
今でも悔やまれるのは、Charがピックを投げてほぼ私の足元に落ちたのに、気弱な私は何だか
恥ずかしくて、隣にいた知らないお兄さんに静かにそれを渡してしまったのである。

熱狂のライブの次の朝、いつものように親友の小百合ちゃんと登校したが、どうしても昨夜の
感動を誰かに伝えたかった私は「ねーねー私昨日ね、すごいコンサート行ったんだよーー
すんごい良かったの。Open your eyes って曲のギターがね・・・」とか熱く語り出したのだが
野口五郎ファンの小百合ちゃんは「えー。五郎のほうがいいよ。Charってもう売れてないん
でしょ?首長くて気持ち悪いよね」の一言ですぐに話題を変えられてしまい、
「もう二度と女友達と音楽の感動を共有しようとするのはやめよう、逆に淋しくなる。」と
15歳の私はその時固く心に誓い、その後ずっと音楽に関しては、きわめて孤独な一人旅を
することとなった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BLOG始めました [自分史]

                                  

横浜在住、某メーカー勤務OLです。
今日からBLOGなるものをちょっとやってみることにしました。

今年4月の私の誕生日に、自分へのプレゼントとしてiPOD Mini を買いました。
容量は6GBなので単純計算1500曲くらい入るわけですが、今のところ700曲ほど入ってます。
私の音楽の趣味はかなり浅く広くで本当に色々なんだけど、和洋で分けると、8割がた洋モノ
志向。演歌とクラシック以外はかなり何でも聴く。といった感じでしょうか。

ブログSTARTにあたり、まず私の音楽遍歴を時代ごとでご紹介し、それから日々のつぶやき編
に進みたいと思います。

本日は、私の小学生時代の音楽遍歴。

●小学生時代
4才くらいですでに、何かのテレビのBGMで 『アルハンブラの思い出』 なんかがかかると、必ず
駆け寄っていってはテレビの前に突っ伏してさめざめ泣いていたという、音楽に魂を打ち抜かれ
やすいタイプではあったようだが、小さい頃は基本的には音楽好きというよりも単なるミーハー
気質だった。
大好きだったアグネスチャンと郷ひろみにファンレターを書いたり、日曜午前の「スター誕生!」
を見るのが何よりの楽しみだったり。
また一方で、6才上の兄がR&Bやソウル系洋楽が好きだったので、当時の小狭い自宅で、
夜な夜な兄のラジカセから大音量で、アースやサンタナ、またスティービーワンダーなどの
モータウン系など、イヤというほど毎日耳にしていたので、その頃は全く意識しなかったが
すっかりあのあたりの音が自分の音楽脳に染み付いていたらしい。
また、これと並行してビートルズも耳にタコが出来るほど聴かされていた。

 
そして、5年の末から6年の時、TBSの夕方の生放送番組「ギンザNOW!」にたまたま出演
していた Char (チャー)にすっかり腰くだけになり、裸の胸に白いジャケット・白い帽子・長い羽の
耳飾りで、エンディングテーマとして「気絶するほど悩ましい」を1週間くらいにわたって毎日出て
いたのを本当に毎日楽しみに見まくり、その後は熱狂的Char大好き少女になりきっていた。
(その後彼はすっかりアイドルのように売れて、すぐにこの番組の水曜レギュラーになって司会進行
などやっていた。司会業はきわめてヘタだったが・・。)
6年生の1年間はまさに Char で始まり Char で終わってしまった。当時、クラスではセルロイドの
透明下敷きにごひいきのアイドルの写真をたくさん入れて持ち歩くのが流行っていたが、私の
下敷きには当然、平凡や明星から切り取った写真が山ほど入っていた。
また、ちょっとマニアックだが、Charのバックバンドでドラムを叩いていたリューベン辻野のことも
大好きで、デビュー曲「薔薇の嵐」なんかも喜んで聴いていたが、リューベン的にはあの辺りの
ことは暗い過去に違いない。

そういえばCharに明け暮れたとは言ったが、このころピンクレディーの人気が絶頂期を迎えて
いる頃で、Charの骨ばった細い指が奏でるムスタングの音色にひたすら涙する一方で、親友の
奈緒美ちゃんとコンビを組んでウォンテッドの振り付けなど真剣に取り組んだりもしていた。

次は、中学時代へと進みます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
自分史 ブログトップ